獣医師の求人を見つけ出そう|憧れの職へ近づくチャンス

施設の種類

看護師

介護施設で働くという選択肢

現在、看護師の求人先としてその数が増えてきているのが、介護施設です。これは一定の基準を満たした介護施設には看護師の配置が義務付けられたことによるもので、こうした職種を病院看護師に対置するものとして施設看護師と呼んでいます。施設看護師の主な仕事は、入居者の健康チェック・ケガや急病に対する応急処置・かかりつけ医との連絡調整・常用薬の管理などです。医師が常駐している施設にあっては、その医師を補佐して診断や治療にも携わります。食事や入浴などの日常生活に対する介助は原則として行いませんが、施設の規模等によっては介護士を助け、あるいは協同して介護的な業務を行う場合もあります。勤務体制は施設の種類ごとに異なります。

労働条件は施設ごとにさまざま

施設看護師の求人がある主な介護施設は、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設の3つです。特別養護老人ホームは、自宅生活が困難な人や常時他人の介護を必要とする人が入居する、生活拠点型の施設です。通常は医師は常駐しないので、単独で業務を行うことになります。オンコール体制を取っていますが、業務自体は日勤のみのところが大半です。有料老人ホームは、主に民間が経営する入居施設です。一般に利用費が高額で、設備が充実しているのが特徴です。勤務体制は施設の方針によって千差万別です。最後の介護老人保健施設は、家庭復帰を目指してリハビリテーションを行うことを目的とする施設です。常勤医師を置くことが義務付けられ、看護も24時間体制となります。施設看護師の求人情報は、医療関連の求人サイトなどに掲載されています。高齢化社会の到来を迎え、需要は高まってきています。